Cordially yours

手紙魔の手紙物語
MENU

マキシマムカード 「ハローキティ」

0
 キティちゃんの切手が発売になりました。私が子供の頃に見ていた原色づかいの懐かしいキティちゃんです。カワイイけれど、王道の貫禄を感じます。これは誕生日が近い手紙のコンサルタント仲間に宛てて贈りました。カギ型に設置するアイデアも良いけれど、切手と消印、三列に並べた方が迫力出たかしらと思ったり・・・。押印前にそこまで判断できないのがまだまだ修行の身。キティちゃんのポストカードを持っていなかったので、ど...

SHARE

お知らせです。

0
メディア情報、2件あります。① 取材協力した記事がアップされました。IROIRO「手紙ってどう書くの?感謝の気持ちが伝わる手紙の書き方」② 日本郵便さんの”みまもりサービス”のサイトで今月より”あたらしい手紙”というタイトルで連載が始まりました。会員向けのサイトなので、IDとPWがないと見られないのですが、このブログをご覧になっている方でもしみまもりサービスを利用されている方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧いただけ...

SHARE

マキシマムカード 『日露交流年』

0
本日は「日露交流年」の特殊切手の発売日でした。ここのところマキシマムカードを作る機会を逸してばかりだったので、今日は意気込んで京橋へ。なんだか色々と発散できた気がします(笑)。こちらは知人の誕生日に寄せて。花束を君に♪私にとってロシア(旧ソ連)と言えば「アラベスク」。山岸涼子さんの名作バレエ漫画で、子供の頃からずっと、大人になってからも何度も何度も読んでいます。こちらはサルヴァドール・ダリの絵画。...

SHARE

小粋な手紙箱 #14

0
いつもながら、当ブログ記事と内容がかなりカブっておりますが、お読みいただけましたら幸いです。「小粋な手紙箱 #14」「文具のとびら」...

SHARE

ほのかな威厳

0
「ぼくが感じとることができるのは、ただぼくの感情の小さな水溜り、それを載せる一枚の紙の物質感であり、土地を越えてこれを運んでくれる切手の力、そのほのかな威厳です。見えない約束に裏打ちされた、その無疵な自信です。」平出隆「葉書でドナルド・エヴァンズに I」より...

SHARE

京橋郵便局・銀座三郵便局

0
おととい、以前より楽しみにしていた「日本の伝統文化シリーズ 第1集」の切手が発行されました。切手は購入したものの、都合により初日印を取りに行くこと叶わず、残念至極。けれど、この切手の場合は、京橋郵便局の助六風景印がいつでもビシッと使えるので、それを思えば少しは慰められます。こちらは以前押印してもらったもの。意匠は、銀座の街(和光・柳)歌舞伎(助六)。京橋郵便局の風景印のハンコは新調されたそうで、今...

SHARE

緑色のインク

0
「緑色のインクでラブレターを書くのは良くないのでしょうか?」昨日の集まりで話題になったことですが、手紙の講座で聞かれる質問にこんなのがあるそうです。緑色はそんなに印象が悪いのでしょうか?中世ヨーロッパでは果たし状や決闘書に緑色のインクが使われたのだそうです。そこから「決別」「別れ」を意味する色とされているのだとか。海外の方に手紙を書くときには注意が必要ですね。ネットで調べてみたところ、日本では梓み...

SHARE

集まり

0
手紙の書き方コンサルタントたちの集まりがありました。真面目なお仕事の話をするのかと思いきや、雑談だけでなんと6時間!おやつにお酒、軽食付き。やれやれ、本当に楽しかった。(↑ この日本語ヘン?!)まぁ、みんな手紙が大好きなので、その雑談の中に仕事も多少は含まれていたと私は思います(笑)。こういう時、好きなことを仕事にする喜びとはこういうことかなぁと思ったりします。...

SHARE

アルスター

0
新しい万年筆を買いました!LAMYのアルスター限定色。インクもお揃いです。手紙のコンサルタント仲間の間で書きやすいと評判だったことや、お値段も手頃ということで、LAMYの万年筆は以前から買おうと思っていたのですが、売り場に行ってもいろんなデザインや色が有ってどうにも決められず、「うーん、今度にしよう」となること数回。今回の決め手はアルスターという名前。そして色でした。アルスターと聞いて頭にまず思い浮かぶの...

SHARE

みんな大好きシガール

0
見て、見て〜、これ、ヨックモックのシガール型メッセージカードなのです。素敵でしょう?左下にあるシガールがメッセージカードの完成形。本物ソックリですよね。ドッキリに使えそう。でも、これを使うときはカード単体での使用はナシでしょうか。文房具好き、カード好きにはそれでも良いかもしれませんが、「で、本物のシガールは?」と言われかねませんから。...

SHARE

手書きの力

0
     ...

SHARE

葉書でドナルド・エヴァンズに I

0
葉書でドナルド・エヴァンズに I (叢書crystal cage)著者 : 平出隆東京パブリッシングハウス発売日 : 2013-04-29ブクログでレビューを見る»手に取った時、その美しい装丁から、なにかとても素敵なものがこの中に詰まっているのだと感じる。架空の国の切手を作り続けた画家、ドナルド・エヴァンズに宛てた架空の手紙。言葉にいざなわれ、想像力がたやすく映し出す世界に入ってゆく。それは、夢のように。著者の巧みな文章表現のせい...

SHARE

マキシマムカード 『切手趣味週間』

0
本日は楽しみにしていた”切手趣味週間”の切手発行日です。今回のデザインは、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」。琳派の代表作ですね。凹版印刷なので独特な手触りがします。今回、ポストカード、切手、特印の三種を三位一体にするか、ポストカード1枚で風神雷神が完結するようにするか、迷いに迷った末、一枚でも完結するように仕上げました。受け取った人はその方が良かろうと。二枚一対にすると右上から左下へバサーッと切って、上...

SHARE

「和楽」手紙のススメ

0
だいぶ遅い情報となってしまいましたが、雑誌「和楽」の4・5月号に手紙が特集されています。普段雑誌は美容院で読む程度なので、ノーマークだったのですが、友人が教えてくれて、急いで買いに行きました。22ページにも渡る手紙特集は、美しい書や手紙の写真が満載です。日本文化の魅力を伝える「和楽」ならではの視点から書かれた手紙の記事は興味が尽きずワクワクするものでした。特にこの記事、文豪の手紙は私が最も好きな分野な...

SHARE

時々手紙新聞

0
ある個展で知り合った友人が「時々 手紙新聞」を創刊しました。紙面には感性鋭く選ばれた言葉から成り立つ文章がキラリと光っています。一面の見出しからして興味津々!文章の個性といい、取り上げている内容といい、これはその友人にしか書けない新聞だと思いました。友人の作り出す世界観が大好きな私は、まるで好物をいただくように読み干しました。読み終わったそばから次の発行が待たれます。読んでみたい方はご一報ください...

SHARE

小粋な手紙箱 #13

0
今月も更新されました。読んでいただけたら幸いです。小粋な手紙箱 #13文具のとびら...

SHARE

マキシマムカード 『天然記念物シリーズ 第3集』

0
今回の天然記念物シリーズは北海道の大雪山。実は大学生の一時期、山に登っていたので大雪山はいろいろと思い出深い場所です。然別湖は北海道らしい大自然が残る大好きな場所です。ナキウサギには出会ったことはありませんが・・・。次はいつ行かれるかしら。リスでまとめたかったのですが、消印だけはナキウサギ。リスっぽいから良しとします。この切手はだいぶ前の北海道切手です。昨日のことですが、埼玉県所沢市の多聞院という...

SHARE

マキシマムカード 『おもてなしの花シリーズ 第10集』

0
 本日は「おもてなしの花シリーズ 第10集」の発売日でした。初日印の絵柄は薔薇と紫陽花です。このポストカードは自作。まだスマホが存在しない時代に撮った写真を印刷してみました。紫陽花の方は、まだ季節ではないので梅雨時に使おうと思って先取り。雲のスペースを有効活用してみました。...

SHARE

神田北神保町郵便局

0
本日は神保町で打ち合わせだったので、神田北神保町郵便局の風景印を取ってきました。意匠は、本と、千代田区立お茶の水小学校に在る「我輩は猫である 名前はまだ無い 明治十一年 錦華に学ぶ」(夏目漱石)の石碑。この郵便局の道を挟んだ向かい側には美術系のポストカードなどの手紙グッズを取り扱っている「京都便利堂」があります。神保町へ行ったら、用が無くても必ず立ち寄る場所です。そして、郵便局のならびのカフェで美...

SHARE

川越松江町郵便局、川越新富町郵便局

0
先日川越に行った際、二局回ってきました。まずは川越松江町郵便局。描かれているのは、喜多院の多宝塔、五百羅漢、だるま市、時の鐘(変形印)。川越の郵便局の風景印はどれも市のシンボルである時の鐘の変形印を用いているようですね。続いて、本川越にほど近い川越新富町郵便局へ。本川越駅「pepe」、中院の枝垂れ桜、時の鐘(変形印)。pepe(駅の商業施設)が風景印に描かれているなんて意外です。そして中院の枝垂れ桜、実物...

SHARE

牛込郵便局

0
本日は手紙文化振興協会でお仕事でした。協会の最寄りの郵便局は牛込郵便局。何度も通っているのに、風景印を取っていなかったなぁと思いまして行ってきました。意匠は・重文学習院女子短大高等科中等科の正門・漱石公園の猫塚・箱根山。猫塚がなんとも印象的な風景印ですよね。...

SHARE

手紙は滅びない命

0
手紙は、からだという友を伴わずに魂が一人でいるのです。独り歩く思考は、幽霊のように力があります。手紙は滅びない命と、わたしは感じています。エミリー・ディキンスントマス・ウェントワース・ヒギンスンに宛てた手紙より...

SHARE

越生郵便局

0
先日埼玉県の越生梅園へお花見に行きました。ついでに越生郵便局で風景印ゲット。意匠は黒山三滝とモミジ。梅の名所なのにモミジかぁ・・・。と思いながら「季節外れでごめん」と手紙に書いて出してきました。秋は紅葉も美しいのでしょうね。そのころにまた訪れてハイキングしたいと思います。...

SHARE

小粋な手紙箱 #12

0
今回で連載丸一年。お読みいただけましたら幸いです。小粋な手紙箱 #12文具のとびら...

SHARE

マキシマムカード 『春のグリーティング』

0
今日は春のグリーティング切手の発売日。水彩画のような優しい雰囲気の切手です。春を告げる花、可愛いスノードロップと合わせてみました。大草原の小さな家シリーズの「ブラムクリークの土手で」。思い入れの深いポストカードです。こちらは素敵なお部屋ですが、何気に窓の外がエライことになっていますよ!と、伝えたい(笑)。この特印には桜が描かれていますが、りんごの花にも見えるし、一重のバラのようにも見えます。その季...

SHARE

massage in a bottle

0
"message in a bottle" と言うと私はThe Policeの歌を思い出します。それからケビン・コスナーが出演していた同名の映画もありましたよね。どちらも哀しいような切ないような内容なので、その影響か”瓶入りの手紙”にはどちらかと言えば、ワクワクするよりも感傷的なイメージを持っている私です。今日、海に投入されてから132年ぶりにオーストラリアで発見された「瓶入りの手紙」に関するニュースを読みました。世界最古の「瓶入り...

SHARE

言葉之薬

0
子供の頃に飲んだ風邪薬はこんな感じでした。とーっても懐かしい。これ、実はレターセットなのです。鎌倉の手紙舎さんで買いました。大磯にある活版印刷屋さんが作っているそうです。言葉のクスリ。”効く”のではなくて良く”聞く”。洒落が効いています。小さな便箋にメッセージを書いたら四つ折りにして包んであるクラフト紙の中に入れるのが正式な使い方のようですが、何を入れるのかは自由にしても良さそう。例えば文香とか、可愛...

SHARE

高崎郵便局

0
今日は仲良しの友人2人に会いに高崎まで行き、ついでに高崎郵便局に寄って風景印を取って来ました。風景印に描かれているのは高崎白衣大観音、高崎城乾櫓。とても親切な局員さんが対応してくださいました。ちょっと潰れている感じですが、局員さん曰くハンコを新調申請しており届くのを待っている最中とのこと。...

SHARE

浅草橋郵便局

0
3月になりました。東京はお昼過ぎにぐんぐん気温が上がり、暖かな一日でした。もうすぐお雛様ですね。3日に届くように浅草橋郵便局で手紙を出してきました。描かれているのは、旧蓬莱園のイチョウ、雷門大提灯(外枠)、人形町の雛人形。お雛様をモチーフにした風景印はいくつかあるみたいですが、私の行動範囲で気軽に行かれるのはココだけ。タイムリーに行くチャンスがあって良かったです。...

SHARE

マキシマムカード 『身近な動物シリーズ 第5集』

0
今日は「ネコの日」ということで猫の切手が発行されました。なんとなく準備不足な感じでしたがとりあえず手持ちの猫のポストカードを持参して押印会場へ行きました。女子率が高く、知り合いも多くて、和気藹々と楽しかったです。大好きな三好貴子さんのポストカードで。この写真では伝わらないと思いますが、これは表面がものすごいツルツルなのです。でも丸シールを貼りたくなかったのでええい、ままよ!とそのまま機会印の方へ持...

SHARE

エアメールの日

0
昨日になりますが、2月18日は”エアメールの日”だそうです。飛行機によって初めて郵便物が運ばれたのが1911年2月18日だったことが由来なのだとか。メールやSNSで海外の方と、気軽に、距離を感じることなくやりとりが出来るようになった今でも、私はエアメールに特別感を感じます。ネットが普及していなかった頃に感じていた、海外から郵便が届いた時の嬉しさや特別感が忘れられないからかもしれません。国際郵便の料金が高かった頃...

SHARE

佳き日

0
みなさん、今日のオリンピック、フィギュアスケート男子、ご覧になりましたか?私は朝からテレビにかじりつくようにして見ておりました。どきどきハラハラ。心の臓が飛び出しそうとはこのことですね。はぁ〜、良かった、良かった。興奮しすぎて嬉しすぎて、頭の中がお花畑のまんま、Otegamiフリマへおでかけ。私が行った時間はたくさんの人でごった返しており、手紙を書くためのテーブルは常に満席。私も子供たちに囲まれながら書...

SHARE

小粋な手紙箱 #11

0
今月も更新しました。お手紙ってホント、ネタに困ることがありません。お読みいただけましたら幸いです。小粋な手紙箱 #11文具のとびら...

SHARE

3月開催 メールの書き方セミナーのご案内

0
今日の東京は春のような暖かさでした。梅も咲き始めて、少しづつ冬が遠ざかっていくようですね。さて、本日は少人数制で学ぶ「メールの書き方セミナー」のご案内です。日頃メールを書く上での悩み事などありませんか?一緒に考えながらヒントや解決方法をお伝えしていきます。ピンときましたらぜひ!ご参加お待ちしております。<内容>・メールの基本と間違いやすい言葉遣い・気がきく人になる書き方のコツ・仕事で差がつく5つの...

SHARE

Happy Valentine's day!

0
今日はヴァレンタインデー。今年のマキシマムカードをご紹介します。ハートでいっぱいのセブンデイズカード。切手との色合わせでマッチングしてみました。月光荘のポストカード。シンプルでお気に入りの1枚です。与謝野晶子の「みだれ髪」は射抜かれたハートが表紙に描かれています。情熱的で命がけの恋心を謳った歌集との組み合わせですが、チョコレートで立ち向かうというのはいくら何でも無謀でしょうか。...

SHARE

御茶ノ水郵便局

0
御茶ノ水に用事がありましたので風景印を取ってきました。御茶ノ水郵便局は、丸ノ内線の2番出口階段を上がりきった左手にあります。描かれているのは聖橋、御茶ノ水駅の電車、湯島聖堂。ちっちゃく描かれている電車が可愛らしいですね。高いところがあまり得意ではありません。お茶の水橋の上を通るとき、実はいつも下(神田川)が見られません。...

SHARE

平昌オリンピック

0
平昌オリンピックが始まりましたね。今回はどんなドラマが見られるのでしょうか。一番楽しみなのはフィギュアスケート。男子シングルは見逃せません。スキーやジャンプ、モーグルもスピードスケートも。つまりみんな楽しみなんです。日本の選手はもちろん応援していますが、他の国の選手の試合を見るのも楽しみ。オリンピックに出るというだけですごい人たちなのだと思うと”世界一”や”頂点”の演技を是非とも見たいですし、メダルに...

SHARE

マキシマムカード 『天体シリーズ 第1集』

0
「天体シリーズ 第1集」はホログラムがキラッキラの切手です。 ベタな感じですが王道の風格。でもいつもと違うのは、地が暗いのに白い丸シールを使わなかったことです。なんだかこの鳶色の絵入りハト印が先日のブラッドムーンを思い起こさせていいなぁと、わざと使わずに押印してもらったのです。そして、それをキッカケに他の葉書でも丸シールを使うか使わないかで大いに悩む羽目に。。。わかりやすいものではこの地球の2枚。 雲...

SHARE

人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ

0
人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ著者 : 月光荘産業編集センター発売日 : 2017-12-13ブクログでレビューを見る»何度となく涙ぐんで読んでしまう。銀座の画材屋「月光荘」の創業者である月光荘おじさん(本名は橋下平蔵)とおじさんを巡る人々との交流が書かれている。古き佳き時代、月光荘を開くに至る経緯やその名の由来、ホルンのマークに託された意味、芸術に携わる人々のこと、月光荘にまつわる全てがロマンにあふ...

SHARE

マキシマムカード 『アンデルセン展』

0
郵政博物館で開催されていたアンデルセン展の記念小型印はカエル、トナカイ、犬、アヒルの4種類。押印時期がそれぞれ分かれていたので、カエルとアヒルの二種類のみゲット。去年取ったカエルの方はマキシマムカードをアーノルド・ローベルの「ふたりはともだち」で作成。アンデルセンじゃないけれどピッタリでしょ。 そして、今回のアヒルはこの展覧会用に売られていたポストカード「醜いアヒルの子」と「裸の王様」の二種類...

SHARE

蛇腹の便箋

0
日本橋の榛原さんで購入した変わり種のレターセット。便箋が蛇腹になっていて、好きなところで切り取れるよう1枚づつ切れ目が付いています。万年筆で書くと滑りが良く、インクの乾きも早いので縦書きでもスイスイ。デザイン違いで3種類売っていました。ちょっと目線を変えた手紙を書きたい気分の時に使ってみると気分も上がりますね。...

SHARE

横浜ランドマークタワー郵便局

0
今日は横浜方面へ出掛けたのでランドマークタワー郵便局で風景印を取ってきました。描かれているのは、ランドマーク、日本丸、横浜ベイブリッジ。とても良いお天気だったのでこれら全部がよく見晴らせました。...

SHARE

ポスクロ 「Cups」

0
ポスクロで、たて続けにカップのポストカードが届きました。あまりにも素敵なのでお披露目します。こちらはフィンランドから届いたティーカップのポストカード。カラフルで私好み。切手もめちゃめちゃ可愛い♪ そしてこちらはデンマークから届いたコーヒーカップのポストカード。クールな切手付き。 全く違うテイストですが、どちらもセンス抜群ですね。郵便受けでこういうのを見つけた時の気持ちはなんとも言えません。...

SHARE

マキシマムカード 『和の文様シリーズ 第4集』

0
 大雪お見舞い申し上げます。せっかく降ったのに溶けるのは早いなぁ、なんて、のんきなことを思う本日は和の文様シリーズ切手の発行日でした。好きなシリーズですが、これも今回が最終回。張り切ってマキシマムカードを作りました。雪のイメージを引っ張ってシットリした雰囲気がいい感じ。扇の切手は以前の和の文様シリーズです。局員さん、イメージ通りに上手いこと押印してくださいました。よく見るとミスマッチ。ドットだけを...

SHARE

魅惑の万年筆&文具ツアー

0
今日は手紙のコンサルタント仲間たちと万年筆ツアーに出掛けました。先導してくださるのは我らが万年筆博士。まずは日本橋高島屋の万年筆売り場へ。語り口とポーズが独特で面白いセーラーの名物販売員さんを紹介していただき、基礎レクチャーを受けました。それから丸善の万年筆売り場へ移動。ここでは好きな万年筆を試し書きさせてくれます。今自分が欲しいと思う万年筆がどういう感じの書き味なのか、どんなイメージのものなのか...

SHARE

言霊の幸はふ国

4
友人が私にと手紙のことを書いた新聞記事を取っておいてくれました。東京新聞の1月5日掲載、生活手紙文化研究家である中川越さんの記事です。100年余り前の手紙の作法について書かれた指南書の巻頭にあるのは「言霊乃佐吉播布国」(ことだまのさきわうくに)。万葉集にも出てくるとされる日本国の別称で、意味は「言葉によって幸福がもたらされる国」。手紙の役割はそこにあると・・・。ここまで書いて、はて?このことを私はもっ...

SHARE

こけし

0
手紙の書き方コンサルタントの仲間からこけしのお手紙が届きました。下の台をくるくる回して外すと中からメッセージの書かれた紙が出てくるようになっています。このこけし便りの存在は知っていましたが、実際にもらうのは初めて。郵便受けに発見した時は嬉しくて、嬉しくて!!!もらって嬉しいものは人にもあげたくなりますね。私もこけしのお手紙出したいなぁ。まずは仙台まで旅に出ましょうか。...

SHARE

九段郵便局

0
九段下の陶器屋さんへ行く用事が有り、九段郵便局で風景印を取ってきました。ちょっと強面の局員さんが目の前で風景印のハンコをダンダンダン!と何度もインクが馴染むまで試してくれて、おお!この方は押印上手そう、と勝手に期待。まず最初はハガキに押印してもらいました。ほれ!とばかり押印したものを渡されて見てみたらものすごいナナメってますけど・・・。何も言わなくても私の顔を見て言いたいことが分かった様子。どうや...

SHARE

小粋な手紙箱 #10

0
小粋な手紙箱が更新されました。読んで頂けましたら幸いです。小粋な手紙箱 #10文具のとびら...

SHARE

マキシマムカード 『グリーティング切手 「ムーミン」』

0
今日はムーミン切手の発売日でした。手持ちのポストカードが無かったのでどうしようかと数日前から考えていました。まずは八重洲のムーミンショップへ。季節柄、年賀状用のハガキがほとんどでしたが、唯一この塗り絵タイプのポストカードが売っていました。カラーのポストカードも欲しいなぁと思いながら帰りの電車に乗ったら、つり革広告になんと「ムーミンマーケット」の文字が!所沢西武で丁度開催中なのでした。行ってみると、...

SHARE