Cordially yours

手紙魔の手紙物語
MENU

初めての郵頼

0

みなさん、春を楽しんでいらっしゃいますか?
桜も葉桜になってきたと言うのに
今日は本当に寒かったですね。
凍えながら帰宅すると郵便受けに、
それこそ極寒の地より送られてきた
嬉しいものが入っていました。

全国の風景印や小型印を集めようとしても
近場や行動範囲にある郵便局なら
いざ知らず、遠方の郵便局まで
行くのはなかなか大変なことです。
そんな時に便利なシステムが「郵頼」。
押印してもらうためのハガキなどの用紙に
切手を貼り、どんな風に押印して欲しいかを
書いた紙と一緒に返信用の封筒を
同封して郵便局に送ります。
しばらくすると風景印を押印したものが
指定した場所に届くという仕組みです。

私は基本的には自分で足を運んだ
郵便局の風景印を集めているので、
郵頼はしたことがなかったのですが、
一度経験としてやってみたいなぁと
思いました。
そこで、おそらく一生のうちに
行くことはないであろう場所の
風景印を郵頼することにしたのです。

それが南極にある『昭和基地内分室』。
届いた風景印がこちらです。

IMG_3602.jpg

南極観測船「しらせ」が帰港する
タイミングで依頼して、押印の日付は
南極大陸に接岸し、しらせ船内分室が
業務の取扱いを開始した日、
ということになるようです。
私は去年の10月に依頼して
届いたのが今日ですから、
約半年ほど掛かって届くわけですね。
ハガキ1枚が地球を船旅で回ってくるようで
ロマンを感じませんか?
すっかり忘れた頃に届くのも
嬉しいですね。


SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。